ファフナーピンボールマシン

進行中の取組み

project

実証実験の取り組み 公募のご案内

令和5年度(2023年度) 

公募期間と応募方法

● 公募期(qi)間:令和(he)5年7月(yue)7日(金)〜令和(he)5年8月(yue)10日(木) 17:00

応(ying)募方(fang)法:

①参加表明書提(ti)出締切    令和5年7月21日(ri)(金)

②エントリーシート提(ti)出締切  令和(he)5年8月(yue)10日(木)17:00

①、②をUXプロジェクト事務局のメールアドレス宛に送付

Mail:ux.project@jp.ey.com

参加表明書をダウンロードする

エントリーシートをダウンロードする

 

UXプロジェクト実証実験サポート事業 説明会を実施しました

● 説明会動画

※実証実験(yan)サポート事(shi)業(ye)の公募に関する説明部(bu)分(fen)のみを編(bian)集(ji)し掲載しているため、違(wei)和感(gan)のある部(bu)分(fen)もあるかと思(si)いますが、何(he)卒ご容赦いただきますようお願(yuan)いいたします。

実証実験サポート事業 説明会資料

 

審査項目・配点を公表しました。こちらからご確認ください。

審査項目・配点

 

審査会FAQを公表しました。こちらからご覧ください。

FAQ

 

 

公募内容

UXプロジェクトにおいて定(ding)義(yi)づけているライフサイエンス分野「医療・介護・健康(kang)・食・ビューティー・スマート農業」に関する熊(xiong)本県(xian)(xian)・県(xian)(xian)内市町村の社(she)会的課題の解決(jue)及び、県(xian)(xian)民生(sheng)活の質の向上(shang)に資する取(qu)組について、提案(an)企業自らが課題を設(she)定(ding)し、その解決(jue)方法を提案(an)すること。

●「通(tong)常(chang)枠」「スタートアップ企業枠」「市(shi)町村連(lian)携枠」の中から1つ選(xuan)択(ze)し、選(xuan)択(ze)した枠組みの要件に合致すること。
※申請(qing)できる枠(枠)組(zu)みは、1事業者(zhe)あたり1テーマまでの申請(qing)とし、枠(枠)を超えた重複(fu)申請(qing)は不(bu)可(ke)とする。

公募要領をダウンロードする

募集フライヤーをダウンロードする

【概要】R5UX実証実験サポート事業について

 

事業スケジュール

● 公募期間(jian)は令(ling)和5年(nian)7月(yue)7日(ri)〜令(ling)和5年(nian)8月(yue)10日(ri)です。

● 1次審(shen)査(書面(mian))・2次審(shen)査(プレゼン)を経て、9月上(shang)旬に提案採(cai)択となります。

● 実証実験の期間は9月(yue)上旬〜翌年2月(yue)上旬を予定(ding)しています。

● 成果(guo)報(bao)告イベントを2月末に開催(cui)予定です。

 

支援(yuan)内容

通常枠及びスタートアップ企業枠にて採(cai)択されたプロジェクトについては、以下の支援が可能です。

● 県(xian)内公共施(shi)設、協力企業が有(you)する施(shi)設などの実証実験フィールドの斡旋

● 実(shi)証実(shi)験(yan)モニター募集(ji)、実(shi)証実(shi)験(yan)に係(xi)る各(ge)種調整(zheng)等(deng)

● 事業内容のブラッシュアップ

● 実証実験に関する報道投げ込み、ホームページ、SNS等でのPR活動

● その他、熊本県が必要と判断する支援
※事業内容のブラッシュアップ、PR活動支援については市町村連携枠も対象

経(jing)費支援(yuan)

採択された取り組みについて、経(jing)費(fei)の使(shi)(shi)途、金額、その他の事項が実(shi)証実(shi)験に必要・適当と認められる場(chang)合(he)、申請枠別に設定している最大額まで助(zhu)成します。ただし、助(zhu)成対象(xiang)は本実(shi)証実(shi)験にて使(shi)(shi)用するものに限ります。

 

公募要(yao)件

以下の条件をいずれも満たす者

●本(ben)事業(ye)を熊本(ben)県で実施できる事業(ye)者であること(事業(ye)者所在地(di)は問いません)

●実証(zheng)実験で活用できるサービス・プロダクトを既に有している事業者であること

●本事業で取得、獲得したデータ等を熊本県に共有できる事業者であること

●公募(mu)申請時点(dian)においてUXメンバーシップ制度(du)への登録が完了していること。もしくは、UXメンバーシップ制度(du)への登録申請を県で確(que)認できていること(提携する事業(ye)者がある場合は、全ての事業(ye)者の登録を要する)

メンバーシップ制度

●侵襲的(投薬・注(zhu)射・手術(shu)などの医療行(xing)為)な介(jie)入(ru)を伴う実証、その他(ta)倫(lun)理(li)委員会への諮(zi)問(wen)が必要だと判断される実証を行(xing)う場合は、倫(lun)理(li)委員会の諮(zi)問(wen)を必ず行(xing)うこと(倫理(li)委員会に係る費用については、支援対(dui)象とする)

●都道(dao)府県税に未納がないものであること(日本(ben)国内に事業所がある企業に限(xian)る)

●次の①、②のいずれにも該当(dang)しない者であること
①提案(an)内容を自ら実(shi)施できない事業(ye)者、熊本県が連携を行うにふさわしくないと判断した事業(ye)者等
②暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)員(暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)員による不当な行為の防止等(deng)に関する法律(lv)(平成3年法律(lv)第(di)77号(hao)(hao))第(di)2条(tiao)第(di)6号(hao)(hao)に規定(ding)(ding)する暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)員をいう)または暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)(同法第(di)2条(tiao)第(di)2号(hao)(hao)に規定(ding)(ding)する暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)をいう)もしくは暴(bao)(bao)力(li)団(tuan)(tuan)員と密接な関係を有(you)する者

●申請主体者は法人格を有する者であること

 

自分らしく最期まで「健康で」「楽しく」「美しく」いられる生活の実現を目指して

熊(xiong)本県経済が将来にわたり、持続的に成(cheng)長していくためには、半導体関連(lian)産(chan)業(ye)及び自動車関連(lian)産(chan)業(ye)に続く「第3の柱(zhu)」となる新たな産(chan)業(ye)の創(chuang)出が必要です。熊(xiong)本県では、空港周辺(bian)地(di)域を拠点に、熊(xiong)本の強みであるライフサイエンス分野(ye)※を中心として、ビジネス創(chuang)出の好循(xun)環(エコシステム)形成(cheng)を目指す「UXプロジェクト」を推進しています。
※ライフサイエンス分野とは・・・医療・介護・健康・食・ビューティー・スマート農業等のこと

 

 

お問合せ窓口

UXプロジェクト事務(wu)局

Mail:ux.project@jp.ey.com